[第1回]りーちゃん&ブロンズマンの「クリスペ初心者講座」〜青デッキ〜

ブロンズマン講座7

こんにちは、Mr.ブロンズマンです。

avatar

Mr.ブロンズマン

avatar

りーちゃん

皆さんこんにちは!クリスペ見習い広報のりーちゃんです!

このシリーズでは、クリスペ初心者である りーちゃんにコーチングする様子を皆さんにお届けすることで、りーちゃんの成長を見届けながら、りーちゃんのようなクリスペ初心者の方が見てタメになる情報をお届けしていきますよ。

avatar

Mr.ブロンズマン

avatar

りーちゃん

カードゲーム初心者ですが、いずれ私も初心者さんをサポートできるようになりたいので、修行頑張ります!では早速ブロンズマン先生、よろしくお願いします!

よし、では早速カスタムマッチしていこう!

avatar

Mr.ブロンズマン

デッキ編成

ブロンズマン講座7.1

avatar

りーちゃん

下の記事を見て青デッキを作ろうとしたのですが、カードが足らずでした。。

参考

【青編】クリスぺ|初心者向けデッキ編成と意識するポイントdApps market❘ブロックチェーンアプリ評価・口コミのまとめ

今りーちゃんが持っているカードだと、こんなデッキ編成が良いと思います!

avatar

Mr.ブロンズマン

ブロンズマン講座7.2

avatar

りーちゃん

ありがとうございます! これで編成してみます!

カスタムマッチを終えてのアドバイス

avatar

りーちゃん

ありがとうございました!完敗でした…

カードゲーム初心者と聞いてましたが、上達していると思いますよ、自信持って良いです!では、リプレイで振り返ってみましょう。

avatar

Mr.ブロンズマン

avatar

りーちゃん

ありがとうございます!お願いします!

MPは基本余すことなく

ブロンズマン講座7.2

2ターン目でスノーマンを出していますが、基本的にMPは余さず使った方が得なので、ここはホルスが良いですね。岩石の巨人だと次のターン倒されてしまいますが、ホルスなら生き残る確率が高いので。

avatar

Mr.ブロンズマン

avatar

りーちゃん

たしかにそうですよね、、 ホルスかスノーマンか迷ったんですが、まずボトル欲しくてスノーマン出しちゃいました… つぎはMP使い切るようにします!

ボトルが欲しくて」は確かによくわかります。 ただ、赤相手に序盤で盤面を取られてしまうと「伏兵」とか使われて今回みたいに一気に負けてしまうので、それであれば1ターン遅らせて3ターン目で「岩石の巨人+スノーマン」でも良いですね!

avatar

Mr.ブロンズマン

青デッキは「先マジックボトル」を意識

ブロンズマン講座7.3

3ターン目、何か出す前に、先にスノーマンで攻撃してレッドゴブリンから受ける1ダメージをユニットではなくLPに流し、かつ引いてきたマジックボトルを見てから行動を決める考え方は完璧でした。

avatar

Mr.ブロンズマン

avatar

りーちゃん

ありがとうございます!お褒めいただき光栄です!

「先ドロー」について知っておこう

ブロンズマン講座7.4

5ターン目、先ほどの②と同じ理由で先に黄色ボトルを使った方が良いですね。カードゲーム用語で「先ドロー」と言うのですが、こう言う場面では先にドローすることで「ホルスの門番」を出すより良い選択が生まれる可能性があるので、ここは先にドローするのがオススメです!

avatar

Mr.ブロンズマン

avatar

りーちゃん

なるほど!先ドロー覚えておきます!

相手の死亡時効果をケア

ブロンズマン講座7.5

6ターン目、フェンサーを出してレッドゴブリンに当てているのですが、ここは先に、バロンでレッドゴブリンを攻撃しておく方が良いです。理由は、フェンサーを出した時にレッドゴブリンの死亡時効果が33%でバロンに当たってしまうと、攻撃機会を失ってしまうからです。

avatar

Mr.ブロンズマン

avatar

りーちゃん

たしかに!!もうこのへん攻撃されまくってテンパってました。。

まとめ

ブロンズマン講座7

今回のように、クリスペ初心者である りーちゃんにコーチングする様子を、皆さんに共有できれば良いなと思っております。

本当は一人一人に対してコーチングしてあげたいのですが、私の時間的にも限界があるため、初心者代表としてりーちゃんにコーチングさせて頂くことにしました。

初心者の方は、大体同じようなところでつまづき、その悩みも共通するところがあったりします。

なので、りーちゃんとカスタムマッチを行う中で

  • 気になったこと
  • 良かったところ
  • 改善できるところ

を伝えていきながら、初心者の方々のスキルアップに役立てて頂けると幸いです。