ギルドβのクリプトスペルに対して、ブロンズマンが一言ずつ物申す

カード紹介1

こんにちは、Mr.ブロンズマンです。

avatar

Mr.ブロンズマン

今回は、ギルドβのクリプトスペル(CS)に対して一言ずつ物申していきたいと思います。

サクッと思い出を振り返ったり、新しいCSの使い方などの参考にしてください!

フェルトゴルト(赤)

フェルトゴルトの火球

フェルトゴルトの火球

赤の安定CSカード。

アグロデッキの人は今でも重宝していますね。

「相手ユニット1体→相手1体」に効果が変わったのは、地味に大きい。

フェルトゴルトの烈火

フェルトゴルトの烈火

「ホルスの門番」を1ターンキルできるので、こちらも強いです。

合わせて「魔炎」も2枚入れておけば、たいていの相手は悲鳴をあげるはず。

フェルトゴルトの恐竜

フェルトゴルトの恐竜

これはイマイチ強さが分かりませんでした。ごめんなさい。

avatar

Mr.ブロンズマン

フェルトゴルトの竜炎(Ruby)

フェルトゴルトの竜炎

これは強かったですね。

経験上、さすがに「ディバインドラゴン」と合わせて使ってくる人はいませんでしたが、

  • 2/4/3 バジリスク
  • 3/4/4 シーサーペント
  • 3/4/3 翠緑の翼竜

などの低コストドラゴンと合わせて1ターン内で使われると、かなりキツかったです。

フェルトゴルトの武装(Sapphire)

フェルトゴルトの武装

+3/+0した上で、1枚ドローできるのは強い。

「重装姫 ルチア」や「ルー・ガルー」を持っている人は重宝できるCSですね。

avatar

Mr.ブロンズマン

フェルトゴルト錬技(Emerald)

フェルトゴルト錬技

白文明の「騎士の誇り」の逆対象バージョン。

「ディバインドラゴン」みたいに、攻撃力だけぶっ飛んでいるユニットに当てると最強モード突入します。

フェルトゴルトの竜笛(Diamond)

フェルトゴルトの竜笛

  • バジリスク(2コスト)
  • 黒月の腐竜(3コスト)
  • シーサーペント(3コスト)
  • 翠緑の翼竜(3コスト)
  • 密林の翼竜(4コスト)
  • アロサウルス(4コスト)

の中から2体召喚するので、マナコストの期待値的には「6.33」と微妙でした。

仮に3体召喚でも微妙なので、このCSはあまり使っている人がいなかったのではないかと思います。

avatar

Mr.ブロンズマン

フェルトゴルトの掃射(Onyx)

フェルトゴルトの掃射

自分にも当たりますが、3コストで全キャラクターに2ダメージ当てられるのは強いですね。

完全に、緑殺しのCSです。

シーラ(青)

シーラの雷瓶

シーラの雷瓶

超スーパーヘビー級のアグロ青なら使えるかも?

avatar

Mr.ブロンズマン

個人的には、特に強いとは思いませんでした。

シーラの宝札

シーラの宝札

2コストの時は使えましたが、3コストなら「パンダの釣り師」で良いかなという気もします。

シーラの激流

シーラの激流

今では7コストになってしまいましたが、6コストの時は非常に強力なCSでした。

Come back 6CS again!!

avatar

Mr.ブロンズマン

シーラの水流(Ruby)

シーラの水流

先ほどの「シーラの激流」のライト版。

青アグロにはかなり使えると思いました。

私は7CSだとアグロには重すぎると思ったので、今は2CSの方を重宝しています。

avatar

Mr.ブロンズマン

シーラの魔力(Sapphire)

シーラの魔力

ハンプティデッキで時間稼ぎするなら使えますね!

シーラの雷光(Emerald)

シーラの雷光

これを見ると、飛鳥さんのデッキ投稿を思い出して懐かしいですね。

これを使いこなせたのは、私の記憶では飛鳥さんが最初だと思います。

avatar

Mr.ブロンズマン

シーラの宝石(Diamond)

シーラの宝石

青文明の中では、最先端で尖ったCSだなと思いました。

関連記事でも紹介しましたが、いずれ青デッキで『マナ加速』の流れは来ると思うので、それの先駆けとなるCSでした。

シーラの新雪(Onyx)

シーラの新雪

うーん…

avatar

Mr.ブロンズマン

アルベリッヒ(緑)

アルベリッヒの増強

アルベリッヒの増強

「+2/+2→+2/+1」になってしまいましたが、それでも使い勝手は良いですね。

緑は横展開してバフしながら盤面を優位にしたいので、先手を取るためにはこのCSが良いでしょう。

アルベリッヒの妖精

アルベリッヒの妖精

このCSも結構使っている人がいますね。

私は使われたら面倒だと感じました。

アルベリッヒの倍化

アルベリッヒの倍化

5コストから6コストになってしまったので、使い勝手は悪そう。

5コストであれば、Halfblueさんが面白い戦法をYoutubeで解説されていたので、ぜひ参考にしてみてください!

アルベリッヒの強化(Ruby)

アルベリッヒの強化

分散的に2体をバフできるので、前半の盤面取りには持ってこいのCS。

「味方ユニット1体を+2/+2」のCSが無くなった今では、最も使用率が高いのではないかと思います。

アルベリッヒの招集(Sapphire)

アルベリッヒの招集

「いにしえの卵」2体が死亡した時の効果を、10コスト払って使用できるCS。

ちょっとコストが重すぎますが、コントロールデッキなら使い道が…否、ないですね。。

avatar

Mr.ブロンズマン

アルベリッヒの剛力(Emerald)

アルベリッヒの剛力

6コストと重ためですが、ミッドレンジデッキなら使い道もありそう。

これを見ると、改めて「モーショボー」の強さを思い知らされますね。

アルベリッヒの産卵(Diamond)

アルベリッヒの産卵

楽しそう!

avatar

Mr.ブロンズマン

アルベリッヒの秘薬(Onyx)

アルベリッヒの秘薬

まだ緑のマジックボトルの強さがイマイチ分からない私です。。

オク(白)

オクの回復

オクの回復

今も残っているこのCSですが、LPにもユニットにも当てられて、かつ0コストなのでそこそこ強いかなと。

オクの守護

オクの守護

1コスト→2コストになってしまいましたが、「グウィバー」を出すための材料としては使えそう。

あとは、

  • 「ミネルヴァ」とのコンボ
  • アグロ遅延策

としては使えるCSでしょう。

オクの天啓

オクの天啓

4コストにしては効果が弱めなので、イマイチかなと思います。

オクの治癒(Ruby)

オクの治癒

8回復が強すぎたんですかね…弱く見えてしまいます。

avatar

Mr.ブロンズマン

オクの加護(Sapphire)

オクの加護

まあまあ使えます!現環境の白CSでは強い方かなと思います。

オクの衝撃(Emerald)

オクの衝撃

ディバインドラゴン殺し〜〜〜〜

avatar

Mr.ブロンズマン

オクの天罰(Diamond)

オクの天罰

フリッカ様、ご勘弁を。

avatar

Mr.ブロンズマン

オクの戦略(Onyx)

オクの戦略

  • 白デッキはマナ加速などで入れておきたいスペルが多い
  • 3ターン目以降「ホーリーボルト」「戦乙女の槍撃」をいつでも手に加えられる

ので、個人的には強いCSだと思いました。

リッチ(黒)

リッチの尖兵

リッチの尖兵

お察しします。

avatar

Mr.ブロンズマン

リッチの瘴気

リッチの瘴気

「相手ユニット1体を-3/-3する」からは弱体化されましたが、それでも結構使えますよ!

リッチの呪詛

リッチの呪詛

フィニッシャーとして使いたいならば、

  • 屍の魔術師
  • ヴァンパイアロード

あたりは必須カードになるかなと。

ブロンズのみデッキでは、あまり機能しませんでした。

avatar

Mr.ブロンズマン

リッチの吸命(Ruby)

リッチの吸命

これは強いです!

どなたが仰っていたのか忘れてしまいましたが、使い分けとしては

  • 赤アグロ・青に対して3CS
  • それ以外に対して2CS

とするのがベストみたいです。

私も試してみましたが、この使い分けは非常に良かったので是非試してみてください!

avatar

Mr.ブロンズマン

リッチの祭儀(Sapphire)

リッチの祭儀

黒の「味方ユニット1体を破壊する」は、主にマナパンダを「大釜の魔女」で変身させられないために重宝されてきました。

しかし、今の環境では13CSが無くなってしまったため、「リッチの祭儀」に関してもあまり旨味はありませんね。

リッチの病魔(Emerald)

リッチの病魔

全体除去として優秀かなと思っていましたが、使ってみた感じでは

  • 自分のユニットもデバフされる
  • 「ゴブリン」など相手ユニットもデバフ対象外になることが多い
  • 相手も黒デッキだとほぼ無能

なので、相手が低コスト中心の緑デッキぐらいでしかあまり使えなさそうです。

リッチの魔眼(Diamond)

リッチの魔眼

これはチート級のカードでした。

avatar

Mr.ブロンズマン

下の関連記事で詳しく解説していますので、気になる方はぜひ読んでみてください!

リッチの終焉(Onyx)

リッチの終焉

私の十八番だった13CSリッチが弱体化されたもの。

ブロンズのみ13CSリッチでランク戦勝率1位を取ったこともある私からすると、13コスト→14コストになるだけでかなり発動率が減ってしまうため、厳しいナーフだと感じました。

それでも今となっては、14コストでも良いから戻ってきてほしい気持ちです。。

avatar

Mr.ブロンズマン

まとめ

カード紹介1

今回は、ギルドβのクリプトスペルに対して一言ずつ物申しました。

もちろんβ版ということで調整はあるだろうなと思っていましたが、β版と比べて今のCSは全体的にかなり弱くなったなと思います。

ゴールドカードもどんどん発行されますし、このままだとブロンズのみで勝ち上がっていくのはかなり難しいでしょう。

しかし、私はブロンズだけを使ってこれからも戦っていきますし、同じようにブロンズを中心に戦っていく同志を歓迎します。

  • ブロンズ中心のデッキで勝ちたい!
  • 同じレベルの人たちと話したい!
  • 上手い人たちの意見を聞いてみたい!

という方は、ぜひ私の創設したDiscordコミュニティ「ブロンズ同盟」へ遊びにきてください!

あなたの参加、お待ちしてます。

avatar

Mr.ブロンズマン