ブロンズのみ『6csアグロ青デッキ』を使って勝つためのデッキ・戦術を解説

ブロンズマン講座4

avatar

Mr.ブロンズマン

こんにちは、Mr.ブロンズマンです。

今回は、青デッキについてです。

今まで私は主に黒の13csデッキを使ってプレイし、ランク戦Octoberではそのデッキを使って勝率100%の戦績を叩き出しました。

しかしながら、最近は青デッキのポテンシャルの高さを再確認している次第であります。

そこで今回は、ブロンズのみ『6csアグロ青デッキ』を使って勝つためのデッキ・戦術について解説していきます!

今回使ったデッキ

ブロンズマン講座4.7

低コスト(1MP or 2MP)のカードが全体の3分の2を占める、アグロ系のデッキを組みました。

『前衛』は一切入っておらず、『速攻』を6枚も用いている、いわゆるイケイケガンガンデッキです。

このデッキでは

  • 「ライトニングボトル」の使いどころ
  • ユニット除去orフェイス攻撃の判断
  • 6CSの発動タイミング

が肝になってきます。

avatar

Mr.ブロンズマン

その辺りを中心に、以下より3つのポイントを解説していますので見ていきましょう!

「バジリスク」「シーサーペント」を早いターンで召喚

ブロンズマン講座4.1

「バジリスク」「シーサーペント」は、それぞれ召喚時・死亡時に相手がカードを1枚ドローする代わりに、高いステータスを与えられています。

相手がカードを1枚引くことは、相手にとって有利であるケースがほとんど。

なので、この2体のユニットはできる限り長生きして、ゲームを有利に運ぶため活躍してもらう必要がありますね。

avatar

Mr.ブロンズマン

そうすると、やはりゲームの序盤で出した方が得であると言えるでしょう。

  • 相手が手札に困っていない序盤はドロー1枚が与える影響が少ない
  • 序盤であればあるほど除去されにくい

という理由から、「バジリスク」「シーサーペント」は早めに場に据えておくべきです!

そうすることで、相手ユニットを除去するのに役立ちますし、序盤からフェイスを殴って大きなダメージを与えておくことで、アドバンテージを取りやすくなりますよ。

最大限にマナを使い切る

ブロンズマン講座4.2

先行 3ターン目

上のような状況のとき、皆さんならどのような行動をとりますか?

  • 手持ちの「バロン」を出す
  • 場の「バロン」で相手と相打ちして何か出す

の2パターンが主な選択肢になりそうですね。

avatar

Mr.ブロンズマン

もちろん前者の選択を取る方もいるでしょうが、この場面であれば私は後者の選択をオススメします。

後ほど3つ目のポイントでも述べますが、このデッキでは『6CSを発動する際に手札を枯らしておくのが吉』となります。

そのため、中盤あたりで手札が詰まらないように「序盤から最大限にマナを使い切る」ことを意識しましょう。

ブロンズマン講座4.3

つまりこの場面では、

  1. 場の「バロン」で相手と相打ち
  2. 「煌めく一角獣」を召喚

がベストな選択となります。

avatar

Mr.ブロンズマン

これは当然、相手のデッキや場の状況にも寄りますが、ここでは1MP余らせてまで出しておくべきユニットは手元にないですからね。

先ドロー&先ボトル

ブロンズマン講座4.5

上写真の場面で、初心者の方がよくやってしまうパターンが

  1. 「バジリスク」で「溶岩の魔神」を破壊
  2. 「フェンサー」で「ゴールデンモア」と相打ち
  3. 6CSを発動

です。

一見すると正しい行動にも思えますが、ここでは『先ドロー』『先ボトル』がポイントとなります。

そしてこの場面では、『先ボトル』について解説していきます。

ブロンズマン講座4.4

まずこの場面では、どんな行動よりも先に6CSを発動してマジックボトルを手に加えましょう。

先ドロー・先ボトルのメリットは、手札が増えてより良い選択肢を取ることが出来るかもしれないことにあります。

avatar

Mr.ブロンズマン

そのため先ボトルができる場面であれば、必ず先に行っておくべきです。

ブロンズマン講座4.6

上写真のように先ボトルを行なったことで、自分のユニットが傷つくことなく相手ユニットを除去できる、新たな選択肢が生まれましたね。

ちなみに具体的な手順は

  1. 「マグマボトル」を使って相手ユニット全てに1ダメージ
  2. 「アシッドボトル」を3枚使って「溶岩の魔神」を除去

となります。

まとめ

ブロンズマン講座4

今回は、ブロンズのみ『6csアグロ青デッキ』を使って勝つためのデッキ・戦術について解説しました!

執筆時点の環境ではブロンズのみの場合でも、青か黒であればレジェ持ちの人とも渡り合うことが出来ると私は思っています。

avatar

Mr.ブロンズマン

青のブロンズカードについては以下の記事で詳しく解説しているので、デッキ構築する前に参考にしてみてください!