レジェンド以上を攻略するために欠かせないブロンズカード・戦略を解説

ブロンズマン講座2

avatar

Mr.ブロンズマン

こんにちは、Mr.ブロンズマンです。

今回は、レジェンド以上のカードに対抗するためのブロンズカード、及び戦略について解説していきます。

大会やランク戦などで、レジェンド以上のカードを持っている人と当たった際には、ぜひ試してみてください!

獅子族 シュモン

獅子族 シュモン
  • 速攻
  • 召喚時にコスト4以上の中立ビーストを2体出す

という効果を持つため、私の中ではクリスペ界最強カードです。

シュモンが厄介なのは、

  • 単体除去では対応しづらい
  • 全体除去も2体の中立ビーストがスカらないと効かない

ところで、ブロンズのみならず現段階で発行されている全てのカードにおいて、対応しづらいリミテッドレジェンドです。

それでも対応しようとするのであれば、

  1. 前衛多めのデッキで「猛毒サソリ」「死を告げる怪鳥」を守りながらシュモンを待つ
  2. 黒デッキで「死を告げる怪鳥」→「消化」「死霊の導き」のコンボ
  3. 赤デッキで「魔炎」と「伏兵」などを合わせて除去

あたりが最善策かなと思います。

avatar

Mr.ブロンズマン

対策はかなり難しいが、とはいえリミテッドレジェンドが簡単にブロンズで対策できてしまってはマズいからゲームバランス的には仕方がないんじゃよ。

大天使 フリッカ

大天使 フリッカ

「召喚時」「死亡時」で2回も全ての味方を全回復させる効果、強すぎますね。

ただ、シュモンと違ってフリッカはまだ対策が出来そうです。

召喚時に関しては仕方ありませんが、召喚された次のターンすぐに倒せば、死亡時の効果を実質無効にすることが可能です。

そして、フリッカの召喚パターンは

  • LPは削られていないけど10/10スペックを生かすため5,6ターン目で召喚
  • 後半LPが少なくなってから回復スキルを生かすために召喚

の2通りあって、それぞれ対応手段が以下のように変わります。

LPは削られていないけど10/10スペックを生かすため5,6ターン目で召喚
  1. 前半に「猛毒サソリ」を召喚しておく
  2. 黒デッキで「死を告げる怪鳥」→「消化」のコンボ
  3. 赤デッキで「魔炎」を合わせて除去
  4. 青デッキで「氾濫する魔力」を合わせて除去
後半LPが少なくなってから回復スキルを生かすために召喚
  1. 黒デッキで「死を告げる怪鳥」→「死霊の導き」のコンボ
  2. 黒デッキで「死神の鎌」を使う

avatar

Mr.ブロンズマン

シルバーを使える人は「大釜の魔女」がマストじゃ!

ディバインドラゴン

ディバインドラゴン

ディバインドラゴンは召喚時こそ強いものの、体力は5しかないので最も対策しやすいレジェンドカードです。

しかし、現在「赤の7cs」と合わせると1ターンで28ダメージ受けることになってしまうので、出されてすぐに倒すことが出来なければほぼ負けてしまう危険なカードとも言えます。

なので、体力が5しかないレジェンドの単体除去として

あたりは、かなり有効なカードになってきます。

特に、ディバイン対策として多くの人が使っているのが「疾風の竜騎士 バロン」です。

これは中立ブロンズかつ『速攻』であり、いろんなパターンのデッキに入れやすいカードですからぜひ参考にしてみてください。

avatar

Mr.ブロンズマン

最近は、ディバインドラゴンと「ティンカーベル」を合わせて召喚する人が増えておるから、そのコンボは頭の片隅に入れて対策しておこう!

幻竜 パープルミスト

幻竜 パープルミスト

スペックだけ見ると強そうですが、

  • 8コストとかなり重ため
  • 相手が手札超過になりやすい

などの理由から、レジェンドの中でも最も扱いづらいカードなのではないかと思います。

とはいえ、スペック自体は12/12とかなり強いので、単体除去となる

  • 猛毒サソリ(中立)
  • 死神の鎌(黒)

は、対策カードとして採用しておきたいですね。

対策が難しい場合は、アグロ寄り(早いターン数で勝ちきる戦略)のデッキにして

  1. パープルミストが出てくる前の6,7ターン目で勝つ
  2. 遅くてもパープルミストが出された次のターンで勝つ

ことを心がけると良いですよ!

無貌神 ニャルラトホテプ

無貌神 ニャルラトホテプ

ニャルラトホテプの最も有効な対策手段は、青シルバーの「大釜の魔女」です。

しかし、ブロンズのみでも対応できるカードが最近追加されました。

それが先ほどから登場している黒のブロンズ「死神の鎌」です。

これは7コストと重ためなのですが、

  • ディバインドラゴン
  • パープルミスト
  • ニャルラトホテプ

などにピンポイントで刺さるので、私のデッキにも入れています。

クリスペブロンズ評価-黒デッキ

ブロンズマンが愛用している13cs黒デッキ

ニャルラトホテプの弱点としては、大半のケースが、墓地が肥えてきた後半に出てくるというところにあります。

基本は10ターン目以降に出てくるため、

  • 猛毒サソリ(中立)
  • 「死を告げる怪鳥(中立)」→「消化(黒)」のコンボ
  • 死神の鎌(黒)

などの対策カードを手札に蓄えたまま構えやすくなります。

avatar

Mr.ブロンズマン

じゃが、対策が出来なかったら勝ちが絶望的になってしまうぞ。

プリンセスブロッサム

プリンセスブロッサム
  1. 7ターン目に、2/9の状態で「歴戦のパラディン」が2体出てくる
  2. 次の8ターン目で「3csオク」を使用して回復→「知恵の女神 ミネルヴァ」を使って9/9のパラディンが2体並ぶ

というパターンが、プリンサスブロッサムを使った最強コンボ。

ブロッサムに対する最も有効なカードは「業火の崇拝者」です。

avatar

Mr.ブロンズマン

パラディンが9/9になってからでは効かないが、2/9であれば破壊することが出来るんじゃよ。

ただ、業火の崇拝者を後半まで抱えておくのは、相手がプリンセスブロッサム持ちだと分かっている場合でないと難しいでしょう。

なので、単体除去のカード

  • 猛毒サソリ(中立)
  • 「死を告げる怪鳥(中立)」→「消化(黒)」「死霊の導き(黒)」のコンボ
  • 死神の鎌(黒)

も合わせて使えると強いですね。

豊穣の女神 フリッグ

豊穣の女神 フリッグ

3コストで場を「聖域のエルフ」で埋め尽くす恐ろしいレジェンドカード。

しかし、こちらの手札が良ければかなり対策しやすいレジェンドカードとも言えます。

バシッとハマるブロンズカードは

の2つです。

avatar

Mr.ブロンズマン

青の「氾濫する魔力」も効果抜群じゃが、6コストじゃから前半にフリッグを出されてしまうと対策カードとしては機能しないぞ。

フリッグの最強パターンは

  1. 先行3ターン目、後攻2ターン目にマナクリスタルを使用してフリッグを召喚
  2. 次のターンに「遠吠え」を使って最強モード突入

なので、フリッグ持ちの人と対戦するときは、マリガン(最初のカードチェンジ)で「インプ」「ホーリーボルト」を狙うようにしましょう!

まとめ

ブロンズマン講座2.1

今回お伝えした「レジェンド以上を攻略するために欠かせないブロンズカード・戦略」を踏まえると、やはり13cs黒デッキが、レジェンド対策としては最も良いかなと思います。

avatar

Mr.ブロンズマン

あまりレジェンドに縛られすぎてデッキを左右されるのはよくないから、上のデッキはあくまで参考程度にしておこう。

ブロンズのみでレジェンドに対抗するには
  1. アグロデッキにしてレジェンドを出される前に勝つ

  2. レジェンド除去カードを入れながら13cs黒でトドメを刺す

の2パターンが有効です。

後は、プレイングが上手くなればレジェンド相手でもやりあうことが出来るので、「何する?」問題集 もやってみてください!