【緑ver.】クリスペのブロンズ全カードを本音で評価!

クリスペブロンズ評価-緑デッキ

こんにちは、Mr.ブロンズマンです。

avatar

Mr.ブロンズマン

このシリーズでは、日頃ブロンズカードしか使わずに勝ち続けているMr.ブロンズマンが、全てのブロンズカードに対して本音で評価しています。

評価は5段階で行うものとし、★の数が多いほど評価が高いということにしています。

今回は、緑のブロンズカードを全て評価していきますので、どうぞ最後までお付き合い下さいませ。

※なお、カードのパラメータ調整が行われた際には、その数値が反映されて実際に使ってみた後、評価をリライトしていきます。

聖域のエルフ ★★★★★

聖域のエルフ

強いです。持っている人は必ず入れておきましょう。

緑の主戦略は『横展開して強化』なので、この「聖域のエルフ」を1ターン目で出すことで、高い確率でどちらか1体は場に残ります。

すると次のターンで2csと合わせて場の支配率を高められますし、序盤から優位に試合展開することが可能になります。

また、中盤以降でも「遠吠え」と合わせれば最強コンボを炸裂させることが出来ます!

avatar

Mr.ブロンズマン

【2019.1.6 追記】
緑の主力CSであった2CSがなくなってしまったため、序盤の優位性は少し下がってしまいました。それでも単体として十分強いので、2枚採用しておきたいカードなことに変わりはありません。

進化の領域 ★★★☆☆

進化の領域

味方ユニット1体を+1/+1してカードを1枚引けますが、そこまで強いカードでもありません。

中立ブロンズの「パンダの釣り師」の方が優秀なので、ドローソースをガン積みするデッキでない場合はそこまで必要性がないでしょう。

他に入れるカードが無いなら、1枚くらい入れても良いというレベルです。

【2019.1.6 追記】
緑の主力CSであった2CSがなくなってしまったため、序盤の優位性を上げるために採用しておきましょう!緑のマジックボトルと併用して、抜けてしまった2CSの穴を埋めながら序盤を戦い抜くことが今の緑デッキには求められています。

遠吠え ★★★★★

遠吠え

これは強い。全ブロンズの中でも上位にランクインするくらいの強さだと思います。

avatar

Mr.ブロンズマン

特に、緑でシルバー以下でデッキ構築する場合、必ず入れておかなければならないカードでしょう。

出来るだけユニットを横並びさせて、中盤〜終盤で全体ステータスを上げて一気にフィニッシュさせましょう!

クラブシーフ ★★★★★

クラブシーフ

2ターン目で「クラブシーフ」だけ出すのであれば「聖域のエルフ」の方が強いので、前半で出しにくいというのが難点。

一番わかりやすいコンボとしては4ターン目で

  1. クラブシーフ召喚
  2. 2csを使用
  3. ターン終了時に3/3クラブシーフが2体場に残る

です。

とはいえ、ビーストデッキでない限り入れる必要性はないかなと思います。

【2019.1.6 追記】
この度のパラメータ投票により『2/1/1→2/1/2』へとバフされたため、一気に★MAXの評価となりました。「強欲なクラブシーフ」と並ぶ強さなので、持っている方はぜひ2枚入れておきましょう。

新緑の守護獣 ★★★☆☆

新緑の守護獣

場に他のビーストがいれば2コストで3/3ユニットを召喚できるので強いですが、そうでなければ2コストで2/2ユニットとなるので「ホルス」の方が強くなります。

ビーストデッキでない場合、「ホルス」「蠢く巨大蟹」を入れた方が良いでしょう。

いにしえの卵 ★★☆☆☆

いにしえの卵
  • 3コストで攻撃できない
  • テンポロスな上、自動的に卵が割れない
  • 「中立ビースト1体」の期待値がそこまで高くない

などの理由から、厳しめの評価となっています。

ギャンブル好きな人は好きなカードですが、勝ちにこだわるのであれば入れる必要はありませんね。

avatar

Mr.ブロンズマン

しかし、「Mr.ブロンズマンのクリスペニュースで言いたい放題 Vol.1」でも解説した通り

いにしえの卵
変更前:3/0/3
変更後:3/0/2

とパラメータ調整が行われたので、もしかしたら使う人が増えてくるかもしれません。

風纏いのエルフ ★★★★☆

風纏いのエルフ

緑レジェンド「豊穣の女神 フリッグ」を見ると弱く感じてしまいますが、それでも3コストで「聖域のエルフ」を2枚も手札に加えられるのは強いです。

一部では「お母さん」というあだ名で呼ぶ人もいますよ。

avatar

Mr.ブロンズマン

ブロンズのみでデッキ構築するのであれば『横展開』が肝になるので、2枚入れておきたいカードですね。

強欲なクラブシーフ ★★★★☆

強欲なクラブシーフ

2コストの「クラブシーフ」に比べると1コスト重たいですが、その分攻撃力が3あるので使い用はありそうです。

例えば「遠吠え」と合わせることで、5コストで4/2のユニットを2体場に出すことが可能になりますね。

この組み合わせは、ゴールドカード「金太郎」に匹敵すると私は思います。(金太郎は5コストで3/2と4/2『前衛』を召喚)

単体ではすぐに除去されるでしょうが、

  • 「遠吠え」などバフ系カードとのコンボ
  • ビーストを中心としたデッキ編成

など、工夫することで十分に価値があるブロンズカードになると言えます。

採集 ★★★☆☆

採集

4コスト使ってカードを3枚引けるのは強いのですが、スペルカードなので場にユニットとして残らないところが少し難点。

中立ブロンズの「パンダの釣り師」はユニットとして残ってくれるので、テンポロスはほんの少し防げます。

  • ドローソースをガン積みするデッキ
  • 「シュモン」デッキ

の方は4コスト3ドローの必要性が高いため、採用する人が多い印象です。

【2019.1.6 追記】
パラメータ投票により『4コスト3ドロー→3コスト2ドロー』へと弱体化されました。パンダの釣り師と天秤にかけながら、自分に合った方または両方採用してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、緑のブロンズカードを全て評価しました!

ブロンズのみで緑デッキを構築する場合、今の環境では上写真のような横展開デッキがベストですね。

細かいユニットを場に並べつつ、中盤あたりで「遠吠え」を使って一気にダメージを与えましょう。

『速攻』を持つ「グリフィン」「疾風の竜騎士 バロン」は、フィニッシャーとして役立つので2枚ずつ採用しています。

とはいえ、個人的にはブロンズのみでデッキを作る場合に一番弱くなってしまうのは緑デッキだと思っているので、あまりオススメはしません。

【2019.1.6 追記】
2CSが無くなってしまった影響があまりに大きいため、6CSを使った以下のデッキを今は一推ししておりますので、よければご参考に。

クリスペブロンズ評価-緑デッキ2

avatar

Mr.ブロンズマン

今回のブロンズ評価を参考に、あなたのデッキ構築に役立ててください!