【赤ver.】クリスペのブロンズ全カードを本音で評価しました!

クリスペブロンズ評価-赤

こんにちは、Mr.ブロンズマンです。

avatar

Mr.ブロンズマン

このシリーズでは、日頃ブロンズカードしか使わずに勝ち続けているMr.ブロンズマンが、全てのブロンズカードに対して本音で評価しています。

評価は5段階で行うものとし、★の数が多いほど評価が高いということにしています。

今回は、赤のブロンズカードを全て評価していきますので、どうぞ最後までお付き合い下さいませ。

※なお、カードのパラメータ調整が行われた際には、その数値が反映されて実際に使ってみた後、評価をリライトしていきます。

暴れ花火 ★★★★☆

暴れ花火

1コストで『ランダムな相手に合計3ダメージ』なので一見すると強そうに見えますが、運ゲー感が強まってしまうので★2つ。

同じ1コストを入れるのであれば、中立ブロンズの「フェンサー」の方が

  • ユニット含め対象を選択できる
  • 1/1ユニットとして場に残る

という点で優秀だと、私は思います。

とはいえ、アグロ(速攻型)デッキの場合には機能することもあるので、低コストカードが多めのデッキであれば採用しておきたいカード。

【2019.1.6 追記】
ルチア・ルーガルーの登場により、赤アグロ使いで採用する人が増えてきたため、評価を★4つに変更致しました。ブロンズのみデッキの場合だと使いづらいかと思いましたが、序盤のユニット除去はかなり強いと感じたため、私も最近では採用しております。

イグニス ★★★☆☆

イグニス

スペックも2/2なので扱いやすく、『召喚時:相手リーダーに2ダメージ』は意外と役立つ効果です。

長期戦を見据えたデッキであれば、中立ユニット「ホルス」の方が強いですが、相手の前衛を無視してダイレクトに召喚時2点与えられるのは、最後の決め手になることがよくありますよ。

赤デッキ初心者さんは、手に入れたらぜひ入れておきたい1枚です。

伏兵 ★★★★★

伏兵

このカードは、赤デッキを使う上で必ず入れておきたい1枚。

特にアグロ寄りのデッキでは、『速攻』の効果を持つユニットと合わせることで、後半一気にダメージを与えることが可能になりますよ。

本来はできるだけ多くのユニットを場に並べてから使いたいところですが、最後のフィニッシャーとして1体のユニットを対象に使うこともできるため、使いどころに幅があります。

相手に何点与えられるかを頭で即座に計算する暗算力も求められますが、練習していくうちに慣れてくるので是非使ってみて下さい!

燃焼死体 ★★★★☆

燃焼死体
  • 体力が2なので「バロン」などで倒されやすい
  • 自分も2ダメージ受けてしまう

ことから、アグロ寄りのデッキでない限りは入れなくても良いでしょう。

仮にアグロよりデッキだとしても、回復ソースのない赤デッキで自分もダメージを受けてしまうのはかなりリスキー。

なので、慣れないうちは採用せず、「イグニス」を入れておくことをオススメします。

【2019.1.6 追記】
今の環境では、効果が「味方リーダーに2ダメージ 相手リーダーに3ダメージ」に変更となったため、★2→★4に変更致しました。ブロンズのみデッキでもかなり機能します!

雪国の侵略者 ★★★★★

雪国の侵略者
  • ユニット含め対象を選択できる
  • 2/2ゴブリンが場に残る

ことから、かなり優秀な1枚だと思います。

前半は相手ユニットを破壊して盤面優位を保てますし、後半相手のLPが後少しの時はフィニッシャーとして直接攻撃に充てることも可能です。

デッキのパターンに寄らず扱いやすい1枚なので、持っている人は是非入れておきましょう!

業火の嵐 ★★★☆☆

業火の嵐

4ターン目で『全ての相手ユニットに2ダメージ』与えることができる強カード。

特に相手が緑・アグロ赤など、細かいユニットを横展開してくるタイプのデッキに刺さる1枚です。

ただ、

  • 4コスト使ってユニットが場に出せない
  • 相手が横展開しない場合に使いどころがない

という意味で★4つにしておりますが、1枚くらいは入れておきたいカードだと思います!

【2019.1.6 追記】
今の環境では、「4コスト→5コスト」にナーフされてしまったため、★4→★3に変更致しました。フリッグを出された次のターンに使えないので、赤使いにとってはかなり使いづらいカードになりましたね。代わりに「イフリート」を採用するのもアリだと思います!

魔炎 ★★★☆☆

魔炎

こちらは先日の「11/1 パラメータ投票β」にて強化されることが決まったカードです。

詳しくは「Mr.ブロンズマンのクリスペニュースで言いたい放題 Vol.1」をご覧ください。

パラメータ調整の内容としては

魔炎
変更前:5コスト 相手ユニット1体に8ダメージ
変更後:5コスト 相手ユニット1体に8ダメージ 相手リーダーに2ダメージ

なので、今までより使う人が増えるかなといった感じです。

  1. アーケロン
  2. スカイガルドの巨神兵
  3. 歴戦のパラディン

などに刺さるので、持っている人は2枚入れておきましょう!

 

灼熱弾 ★☆☆☆☆

灼熱弾

終盤で確実に相手ユニット、もしくはLPに8ダメージ与えられるところは魅力的なのですが、

重い、重すぎる、、

avatar

Mr.ブロンズマン

と感じざるを得ません。

例えば、

  • 炎の鬣
  • ディバインドラゴン

など、高MPユニットを含んだ長期戦タイプの赤デッキなら採用しても良いかもしれませんが、アグロ寄りの赤デッキの場合10コストはあまりに重すぎるかなと思います。

なので、対象はユニットだけに限られますが「魔炎」を1枚入れておけばカバーできるでしょう。

火焔術師 ★★★☆☆

火焔術師

『前衛』を持つ相手ユニットに5ダメージ、これは白やコントロール青には刺さりそうなカードです。

ただ、アグロ系のデッキを始めとするデッキにはそもそも『前衛』が入っていないことが多いため、そのような相手と当たった時は腐ってしまいます。

特に今(2019.12.30)は赤デッキが主流となっている傾向にあるため、『前衛』を抜いているプレーヤーが多く、使い道がない場面も多そうですね。

なので、相手が『前衛』持ち確定の場面では採用し、分からない場面では抜いておいて良さそうです。

まとめ

クリスペブロンズ評価-赤デッキ

今回は、赤のブロンズカードを全て評価しました!

ブロンズのみで赤デッキを構築する場合、やはり上写真のようなアグロデッキがベストですね。

「業火の嵐」「魔炎」などを使って相手ユニットを除去しつつ、『速攻』カードを生かしてダメージを与え、最後に「イグニス」「燃焼死体」などをフィニッシャーにすると勝率が上がりますよ。

今回のブロンズ評価を参考に、あなたのデッキ構築に役立ててください!

avatar

Mr.ブロンズマン